出合い系掲示板サイトで出会いを探し始めてからもう6年が経ちます。

 

長いこと掲示板サイトを使っていれば、たくさんの男性と出会っては別れるものです。

 

メッセージをやり取りしただけの男性たち、一夜限りの割り切り男性たち、割り切りセフレでお付合いさせてもらった男性たち……。

 

今となっては、みなさん良い思い出です。

 

私は結婚することになり、掲示板サイトからの卒業を決めましたが、彼らも幸せであってくれたらいいなと思います。

 

 

いったい何人の男性と割り切りで寝たかな?6年も掲示板サイトにいたのだから、手足の指では数えきれないほどの男性と寝たはずです。

 

でも、経験人数を数えるのって何だか端たない気がするから、やめておきます。

 

そんなことより今日は、思い出に強く残る男性のことをお話したいと思います。

 

 

あれは、私が20歳になったばかりの頃でした。

 

当時、恋人がいなかった私は縋るような思いで掲示板サイトを始め、彼と出会ったのです。

 

私よりも15歳も年上で、結婚していて妻子がいる彼……。

 

子供だった私には大人の魅力が輝いているように見えました。

 

掲示板サイトで彼に口説かれ、渋谷のホテルで彼に処女を捧げた私は、彼にゾッコンになってしまったのです。

 

そして、毎週末のように出会い、ホテルでエッチをしては、もっと会いたい明日も会いたいとおねだりしました。

 

よく男性は、処女は面倒くさい、と言いますが、それは本当かもしれませんね。

 

あの頃の私は恋心いっぱいの面倒くさい女だったかもしれません。

 

そのためか、最後は彼にふられてしまったのです……。

 

何日も泣いて過ごしたのを懐かしく思い出します。

 

 

でも、あの出会いと別れがあったからこそ、私は強くなれました。

 

男を手玉に取ることが上手になったのです。

 

おかげで、この数年間は、すごくモテたと思います。

 

普通の女性の何倍も若さを楽しんだのです。

 

でも、男遊びはもうおしまいにしようと思います。

 

私は結婚するのですから、これからは貞淑に生きていかなくちゃ。

 

この6年間、掲示板サイトは私の青春のプラットフォームでした。

 

これからもきっと懐かしく思うでしょうね。
【東京都渋谷区|20代|女性|秘書】